さりげないアピール

スマホを持つ人

そっと伝えたい想い

「好き」と言葉でアピールするのは難しいと感じる人も少なくないでしょう。恥ずかしいと思うこともありますし、いきなり好きと伝えてひかれてしまったらどうしようと思うこともあるでしょう。かといって、自分の思いを伝えずに消極的なままでいて、相手との関係が進展しないのも嫌だと思うのも当然です。自分の好意をさりげなく伝えるための手軽なツールとしてはlineが挙げられます。例えばハートマークつきのスタンプや笑顔のキャラクターのスタンプを使うのはさりげない脈ありサインになるでしょう。lineのスタンプなら、ハートマークの絵文字よりもハードルが低く、男性や年配の人でも使いやすいといえます。長文のlineをたまに送るよりも、短いメッセージをこまめに送るというのも脈ありサインのひとつです。ただし、一方的にメッセージを送り続けるのはダメ、相手がやり取りを楽しんでいるようなlineを送ってきてくれたら続きを送りましょう。ちなみに、相手のlineメッセージを既読にせず、少し時間をおいてから返信するというテクニックもありますが、これはあまり望ましくありません。脈ありと伝えたいのであれば、わざと時間をおくのではなく、気づいた時にサッと返信するクセを付けておいたほうが良いでしょう。lineはスタンプや写真、動画などさまざまなコンテンツを相手と共有することができます。自分の気持ちを伝えるために、脈ありだと知ってもらうためには、程よい距離感を保ちながら静かにアピールし続けることをオススメします。

Copyright© 2017 結婚相談所の利用を検討しているなら|体験談を確認しよう All Rights Reserved.